個人情報保護への取り組みについて

平成15年5月に「個人情報保護に関する法律」(「個人情報保護法」)が成立し、平成17年4月から健康保険組合の個人情報の取り扱いに関する義務が課せられるようになりました。

健康保険組合(個人情報取扱業者)では、被保険者および被扶養者の皆様の個人情報を取り扱っています。健康保険組合の取扱う個人情報は、氏名、年齢にとどまらず、医療機関の受診記録や検診結果など医療情報が多数含まれており、特に適正な扱いが求められます。

健康保険組合では、これまでもこのような個人情報は慎重に取り扱ってまいりましたが、法律が施行されると同時に指針に則り、安全に十分配慮して適切に管理してまいります。また、当健康保険組合では、個人情報保護の一層の強化を図るため、諸規定や管理体制を確立するとともに、以下に掲げた事項を常に念頭に置き、皆様の個人情報保護に万全を尽くしていくことに努めてまいります。

このページのトップへ