健保からのお知らせ

2017/09/14

性同一性障害に係る被保険者証の氏名について

性同一性障害を有する方の健康保険被保険者証(薄グリーン色)の氏名表記について、通称名の記載を希望する旨の申し出があった場合、以下の通り取り扱うことといたします。
■被保険者証(表面)の氏名:通称名を表記します。
■被保険者証(裏面)の備考欄:「戸籍上の氏名は○○○○」と表記します。
■被保険者証(表面)の性別:性別は変更しません。

【健康保険組合への申し出】
■申出書(別途定める)を事業主経由で提出します。
■申出書に添付する書類として・・・
 ・性同一性障害の傷病名を有する医師の診断書
 ・通称名が日常的に用いられていることが確認出来る書類

【健康保険組合での審査】
上記書類等を提出いただき、通称名表記を健康保険組合が認めた場合は、被保険者証を交付し事業主へ送付します。通称名表記を認めない場合はその旨文書で通知します。この場合の健康保険組合の判断は、健康保険法における不服申立ての対象となりません。

添付ファイル

このページのトップへ