健保からのお知らせ

2018/07/18

平成30年7月豪雨の被災者の皆様へ 「保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます」

●平成30年7月豪雨の被災者(災害救助法の適用市町村の住民の方)で次の要件のうち①~⑤のいずれかに該当する方は、医療機関の窓口でその旨をご申告いただくことで、医療機関の窓口負担がいったん猶予され、受診した際に支払いを求められることはありません。

【要件】

 ①住宅の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方

 ②主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負われた方

 ③主たる生計維持者の行方が不明である方

 ④主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方

 ⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

※対象者は共栄火災健康保険組合の被保険者および被扶養者の方です。

 

●この窓口での取扱いは平成30年10月末までです。

 

●支払いを「猶予」された方は健康保険組合へご連絡願います。(電話:(03)3504-3428)

●後日、該当者に健康保険組合より個別に案内し、一部負担金をお振込いただきます。

 

このページのトップへ