特定健診・特定保健指導

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて、平成20年4月から、健康保険組合等の医療保険者は、40歳以上の加入者(被保険者および被扶養者)に対し、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した糖尿病等の生活習慣病に関する「特定健康診査」(以下、「特定健診」)およびその結果により生活習慣の改善に努める必要がある者に対する「特定保健指導」を実施することが義務付けられました。

特定健診の受診方法・健診結果の取扱い

(1)一般の被保険者

事業主(会社)が実施する定期健康診断の受診をもって特定健診の受診に代え、事業主を通じて健診結果の提供を受けます。定期健康診断の代わりに人間ドックを受診される方は人間ドックの受診をもって特定健診の受診に代え、医療機関から直接、健診結果の提供を受けます。

(2)被扶養者(任意継続被保険者)

全国の医療機関と提携する健診代行機関のネットワークを利用して、お近くの医療機関で受診いただきます。健診代行機関から「健康診断のご案内」が送付されますので積極的に受診してください。健診結果は健診代行機関を通じて提供を受けます。なお、人間ドックの受診により代替することもできます。この場合、健診結果は医療機関より直接提供を受けます。

同一年度に特定健診と人間ドックの両方を受診することはできません。

特定保健指導

特定健診の結果、腹囲・BMI、血糖、脂質、血圧、喫煙習慣の状況が厚生労働省の定める基準に該当した方に、生活習慣病の危険度に応じた指導を受けていただきます。指導は、外部の指導機関の専門職(保健師、管理栄養士等)が行い、費用は健康保険組合が負担します。

特定健康診査等実施計画

特定健診・特定保健指導の取組みが平成25年度4月より第2期に入り、「特定健康診査等実施計画(第2期)」が、第125回組合会(平成25年6月14日開催)にてその内容が承認されました。

このページのトップへ