人間ドック

“家族のために人間ドックを受けよう”

病気にならないようにするためには、健康的な生活習慣を維持するとともに、定期的な健康状態のチェックが大切です。

当組合では被保険者や被扶養者(配偶者)のみなさんが健康的な毎日を送られますよう、30歳以上の人間ドック利用者に対し、利用料を補助しています。

人間ドック

30歳以上の被保険者・被扶養者(配偶者)が対象です。

受診方法

  1. 希望する医療機関に予約する。(原則として下記「人間ドック提携医療機関」の中から選んでください)
  2. 「人間ドック利用申請書」に必要事項を記入して、健康保険組合に提出する。
  3. 健康保険組合から利用券(「人間ドック利用承認書」)が送付される。
  4. 利用券(承認書)を提示して受診する。

補助金

被保険者、被扶養者(配偶者)のそれぞれについて事業年度ごとに1回を限度として、次の合計額を補助します。

 ①20,000円とこれに賦課する消費税額(ただし、実費が限度)。

 ②オプションの婦人科検査を受けた場合は2,000円とこれに賦課する消費税額(ただし、実費が限度)。

なお、決算業務に支障をきたす虞があるため、補助の対象は4月から2月までに受診した人間ドックとします。

人間ドック提携医療機関

・健康保険組合では、全国で約170の医療機関と提携契約を締結しています。人間ドック提携医療機関で受診した場合、健康保険組合が補助金を直接医療機関に支払いますので、利用者は超過額(自己負担分)を医療機関窓口でお支払ください。

・提携契約を締結していない医療機関で受診した場合も補助金の対象となりますが、その場合は利用料金の全額を一旦ご負担いただき、後日、領収証と引き換えに補助金をお支払することとなります。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接か総務・人事部・人事担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ